猫とワタシ

sapporoスコティーナ

動物苦手の私が何故かスコティッシュォフォールドにひとめぼれ。ドジでヘンテコな私が「おいしいもの」「たのしいこと」「ふしぎなこと」をスコティーナ達との暮らしとともにご紹介します

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する天狗山と人面猫

スコティーナ

今年もスキーに一度も行かなかった

私のホームゲレンデだった小樽天狗山

お金のない中学生は帰りは山頂から斜度42度ダイナミックを横切り

山を縫うように麓にある向陽中学校(青印)を目指し、

そこからも自宅までスキーで降りてきたっけ

ほとんどがクラスの仲間と一緒で中には体育が全くダメな子もいる

だいたいがダイナミックコースに入る手前で腰が抜け泣き出す

ちょっとでももう立てないし動けない

「大丈夫!」「ほら、まず下のスキーを立ててストックでしっかりささえて!」

陽はどんどん暮れていく、でも誰も諦めないし責めない

ようやく山林に入るが真っ暗で道がわからない

今度はみんながベソをかきそうになる

一人足りない!!

「おぉーい!!○○ちゃ~ん!!」

遙か下に落ちていた でももう泣かない 笑っている

そしてみんなでまた笑った

しーんとした 真っ暗な 山の中で おかしくて 楽しくて 笑った

全国スキー検定2級・・・

生け花の看板と同じくナンの役にもたてていない(笑)

天狗山z
そこには古くから「人面猫」がいるという言い伝えが・・・!!

 

 でた!・・・?
モネじゃんけん3
まつげまであるよー


楽しいお知らせ

こちらでリンクを張らさせて頂いている

魅力的かつ、われらがスコティーナの強力なライバル(?) の

しめじちゃんのブログ 「スロー猫しめじマニア」の企画で

めぇさんという方がにゃんこのフラッシュゲームを作ってくださいました!

いろんな猫ちゃんも登場するにゃんぱら神経衰弱


入り口はコチラ

オミュロンさん、めぇさん、本当にどうもありがとうございました!



謎の人面猫にブログランキング・にほんブログ村へ を 押してくださいね
ポチっとしてね励みになります      

 

コメントの投稿

secret

えっ?えっ?本当にそんな言い伝えがあるの?(・∀・;)
スキーは生涯で一度しかしたことがない私です。
北海道の人は授業でスキーがあるそうですね。
フラッシュ、楽しいですよね。
スコティーナたちと競演できて光栄です!!

人面イヌならぬ人面ネコ?!と思ったら
こんなかわいい人面ネコ!(>▽<;;
これは是非会いたい!

それとフラッシュアップしてくれてありがとうございます~
これからも良きライバルとしてよろしくおねがいしますヽ(=´▽`=)ノ

スキーか・・・。遠いな。。
札幌、旭川等で育ち毎週スキー場通いだったのに。
ボードすら五年くらい行ってないし・・・。
でも、伝説の人面ニャンに合うため来年はがんばります!?
フラシュゲーム?おもしろそうね。行ってみますぅ。

ぴぃ様:
3歳からスキーをはいていた(というかはかされていた)私。昔は小樽もいたるところにスキー場になる山があって授業に使っていたけど、次々に住宅地になっていくなかで使えるところがなくなってしまったようです。
フラッシュ、楽しいですね。いやーあんなのを作れるなんて尊敬しちゃいます。出演者(猫)が100匹くらいだとすごいでしょうねー

オミュロンさん:
この人面猫、ものすごく大きかったらやっぱりかなり怖いですよね

genさん:
「ボードすら五年くらい・・・」の「ボードすら」の部分に「genさん若いですな!?」と思った私。そっか。。。そうなんだぁ・・・(淋)
フラッシュ是非挑戦してみて下さいね、楽しいですよ

ご挨拶が遅れてすみません。
フラッシュ紹介してくださってありがとうございま~す。
かわいい写真かしていただけて大感激でした。
スキーすごいんですね!!私スキーはやったことないですが
スノボに3回いったもののへっぴり腰のまま
一向に滑れる気配がありません。。。。たぶん一生無理。

同じ、北海道生まれなのに。
スキーは苦手。
滑走以前に、スキーの板を持って歩けなかった。
スキー場のリフトに乗るための、タイミングがとれなかった。
やっと乗ったら、降りるタイミングがとれず、
コースに出られなかった。
なにより、スキーウエアが似合わない!なんて。
だから私は、スキーの上手なshippoさんに、
とっても憧れてしまいます。素敵。



トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。