猫とワタシ

sapporoスコティーナ

動物苦手の私が何故かスコティッシュォフォールドにひとめぼれ。ドジでヘンテコな私が「おいしいもの」「たのしいこと」「ふしぎなこと」をスコティーナ達との暮らしとともにご紹介します

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するティアだらけ~

スコティーナ

今日もやる気ないねぇ~ティアちゃん

ティアだらり2

  

でも いつ見てもすごい腕の広げ方ですね

ティアだらり1

 

 見事です!

ティアだらり3 


今日も一押しよろしく!
ランキング参加中ブログランキング・にほんブログ村へ 
励みになります。 ポチッと一押してください  
 

 今日の独り言

友人から借りた「ネコ語がわかる本」の文中に著者:石川利明氏がトレーナーを

務めた「こねこ物語」という映画の話しが出ていた

そういえばそんな映画もあったかも・・・」くらいの記憶しかない私。それもそう

だよね、動物苦手だった私がムツゴロウ王国が制作した、しかもネコが主役の映画

んて記憶にあるわけもなく。。。。でも当時フジTVがすごく宣伝していたので

題名だけは記憶にあったんですね。

で、いい機会だからと早速レンタルしました

いやー!びっくり!いろんな意味でビックリ!ま、お時間のある人は観て下さい

スゴイと思いますよ。主人公のチャトラン、かわいいー&かわいそー&面白いです

パグ飼っている人も必見です


子猫物語 ムツゴロウこと畑正憲が市川崑の協力を得て監督した、
子猫・チャトランの冒険物語。音楽は坂本龍一、劇中入る詞は谷川俊太郎、
その朗読を奇しくも「今グーグーだって猫である」に出演している小泉今日子が
したりと、スタッフ&キャストも充実してますよ

コメントの投稿

secret

そーだね不思議だねいまさらだけど。sihppoサンは動物嫌いというか苦手かなーというイメージはあったのにね。今こんなにもめろめろなのね。グーグーだって猫であるは面白いかなー?大島さんは好きだったなー少女時代・・・。

なんかティアちゃんハンガーみたいになってるね(*´∀`)
心地いい態勢なのかしらね?
そういやしめじもハンガーみたいになってること
多いわ・・(;・∀・)

子猫物語懐かしいですね~
でも私も当時はそんなに猫好きじゃなかった記憶が・・(笑)

ティアちゃん、お手手思いっきり広げてるね~♪これ、楽ちんポーズかなv-411
いろんなルナぽん、見事です~v-405なんかマイクもって熱唱してる声が聞こえてきそうです~v-341
それにルナぽんのモデル立ちのお手手といい、芸達者というか、タレントにゃんこですねv-424

「子猫物語」みましたよ。
チャトラン懐かしいです~v-352私は動物大好きでしたからテレビのムツゴロウ王国はずっとみてました。

こんばんは~
ティアちゃん顔は丸萌ーなのに眼光鋭いよね・・
↓のルナぽんちゃん最高歌って踊ってもう芸猫じゃん^^
むつごろうさんは小学校の時から大好きで中学時は
真剣にムツゴロウ王国に入りたかった北海道へ移転して
それからだよね映画やテレビの特番やって
なんか懐かしい~^0^

chikaさん:
そうでしょ?本人が一番不思議ですもん
動物苦手と思っていたら、すっごく好きで
人が大好きと思っていたら、言うほどでもなかったみたいだし。
自分が一番分からないね。これからもまた「こうだ」と思っていたものが違ってくるんだろうね。だから「言い切る」ことはしないようにしようって、、、心底思います

オミュロンさん:
ハンガー。何かをかけると毛だらけになってしますハンガー。怖い
同じ映画でも観るときの自分によって変わりますね。時代もあるんでしょうが、今だったらこれ動物愛護団体とか「ちょっとまったー」って言いそうなところもあったけど、結構声出しウケました

クッシーさん:
ルナぽん、ナニ歌っているのかわかりますか?
根っからの動物好きっていいですね!ウチは両親がダメだったのでふれあう機会を逃していたから、未知の世界だったのです。

ぽん母さん:
ルナぽんはテーブルの角(定位置)にモデル立ちをし、あのキリリとした目でずーっとソファーでTVを見ている私を見つめています。正直くつろげません(笑)
釧路湿原に行ったときそこの湿原センター長をしていたIさんは、初めてご夫婦でここに旅行に来たときに、奥さんが「ここに住む」っていって一流企業にいたエリートご主人も退社して移住した方。その奥さんが当時まだあった「動物王国」で働いていました。なんかすっごく自然におおらかに生きている感じの人でした

ティアちゃん、楽なのかな?
すっごいリラーックスしてますね('-'*)
バラのマフラー素敵ですね。
こういうパッと目につく小物が大好きです。

子猫物語、記憶のかたすみにあるタイトル・・・。
可哀想なシーンがあるんですね!
あ~ん、可哀想だと可哀想で見れないんです!(←バカ・・・)
でも、音楽は坂本龍一、劇中入る詞は谷川俊太郎、 ってところが気になります。

ティアちゃんの腕、お見事です。
パントマイムの人のような、直角曲りっ!
これは芸の域なのでは...?

ところでshippoさん、アスカさんの「スコにゃんズ。」はご存知ですか?
こちらでshippoさんがおっしゃっていたクロネトヤマト号が紹介されています。
http://sconya.blog39.fc2.com/blog-date-20080823.html

子猫物語、ナツカシー!(年がわかる?)
ワタクシ、見に言った覚えがあります~。チャトラーン!

ティアちゃん。かあええっ!
あんよはどうなってるのお?

子猫物語見てみます!
最近猫映画多いですよね。
ネコナデ(スコティッシュが主役の映画)も気になってます。

ゆずみどりさん:
バラのマフラーは今から40年以上前のもの。叔母が使っていたのを祖母経由で手元にきたの。猫の為にタンスから出してみて、いやー改めて見るとコントラストきいてますね。
あのシーンをみて、私たち姉が妹に「お前は勝内川をみかん箱に入れられて流されてきたんだよ」と言っては妹を泣かせていたのを思い出しました

Rucionさん:
やっぱり、動物好きな方は観に行ったのですね。
え?そうですか!?さっそくスコにゃんず見てみます!あれ絶対ほしいです。もうないのかなぁ。。。。

mikankunの乳母さん:
ティアのあんよはもちろん綺麗にV字に開いております(笑)
他の猫はこのポーズはしません、なんでティアだけ?どこがツボなんでしょうね。
ルナぽんは基本的にはミカン君にとてもよく似ています。くつろぎのポーズも同じものが多いようですよ!
ネコナデ北海道での上映は予定されていないんですよ~(涙)グーグーよりはこっちを観たいのにな・・・

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。