猫とワタシ

sapporoスコティーナ

動物苦手の私が何故かスコティッシュォフォールドにひとめぼれ。ドジでヘンテコな私が「おいしいもの」「たのしいこと」「ふしぎなこと」をスコティーナ達との暮らしとともにご紹介します

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する白い粉

スコティーナ

机の上に白い粉

これをティアはクンクン嗅ぐ。そして噎ぶ

まるで映画のワンシーンにあるような怪しい図柄になる

カプセル 0

 

 

 その粉をカプセルに詰める  一番下には大きさの目安として爪楊枝をおきました

カプセル1

 

#5が市販されているカプセルでは一番小さい

でも私はさらにこれを加工して薬を入れて極限まで小さく加工します

なぜなら・・・

カプセル2

 コヤツが飲んでくれないから!

ルナ 薬
もともと細かい作業は好きで得意ですが、こんなところで役に立つとは・・・

ルナは粉もダメ、錠剤もダメ、普通のサイズのカプセルもダメ

もうどうしようかと思ってたけど「!」ひらめいてやってみたらかなり小さくできました

ちなみに#5で長さが11mmなので私が加工したものは6mm位です

お薬でお困りの方は試してみてください 

 

それにしても薬の梱包量ってどうしてこんなにいい加減なんでしょうか・・・

薬量

 
ランキング急降下中!
ランキング参加中   ぽちっと応援してね
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

 

今日の独り言

今日、猫たちのイベントがあり札幌ファクトリーへ行ってきました

「可愛いカワイイ」と言って猫の目の前10センチでフラッシュをたいて撮影する人

猫とのふれあい広場と称するスペースでは

トイレに入って用をたしている最中の猫を撫で回す人

とってもイヤな気持ちで帰ってきました

もうきっとこういうイベントには行かないと思います

コメントの投稿

secret

凄い!!小さい!( ̄□ ̄;)
作るのも凄いですが、ひらめいたのも凄いです!
って粉薬適当すぎではっ??ダメですよね?!(-▽-;

猫のイベント、宜しくないですね。。
フラッシュとか触るにしても気遣うとか
当たり前の事だと思うんですが…気分悪いですね。
主催してる側もただでさえ生き物扱う事なんだから
やるなら きっちり猫に配慮して欲しいものです。

小さい!
毎回これを作るんですか?
ルナちゃん、お母さんに感謝しなきゃ!

さて。もしかしたら『NG』かもしれない
~くま家流薬の飲ませ方~
我が家では猫の薬は粉で処方してもらいます。
手順1 まず、粉薬を極少量の水で練り 
手順2 その練薬をネコの鼻の頭になすり付けます
すると・・・きれいに舐めてくれます。
以前お世話になった動物病院で教えていただきました。
でも、猫を飼っているどの友人に聞いてもこの『鼻になすり付ける』方法は「え~知らない!」と言われます。
もしかしたら一般的には駄目な薬の与え方なのかもしれません。

ルナぽん、調子悪いんですか?

それにしても愛ですね~。
いやあ。shippo母さんすばらしいです!
きっとルナぽんにも通じてるはずです。その愛は。

そんなカプセルがあることすら知りませんでした(ダメ母)。

うちの場合、粉クスリは、甘~いシロップを作って、それと混ぜて注射器?で口の横から、注入~!してます。強引に・・・
v-157v-156

ルナちゃん大丈夫なのかな?
薬は平気な子と苦手な子と様々ですね。
ミーケはご飯に混ぜたら全然普通にペロリ。
きっと飲みやすい薬だったんでしょうね。

札幌ファクトリー行ってきたんですね。
気になっていました。
猫の立場となって考えて欲しいですね。
でも客の態度にも問題ありですが
ペットショップ側にも配慮が必要ですよね。
生き物を商品としか考えていないように
思えます。

投薬は苦労しますよねぇ…e-86
薬の量も多い少ないが、体重が少ないだけに気になります。
(投薬に失敗してこぼれた時は…見なかったことにしたりしてe-351
前に行ってた病院は診察台兼体重計が狂っていて直す気配もないので、
不安になって替えました。
今の病院も、時間外でも場合によっては見てくれたりが安心で
いいのですが、くすりの形状(粉、液体、錠剤など)のレパートリーが全くなく、
ちょっと苦労します…。

shippoさんスゴイっ(゚Д゚;ノ)ノ
カプセルを手作りできるんですか!
私も以前、モモに粉薬を飲ませた事があるんですが
病院の先生がやっていたのを見本にそのままお口に
入れたんだけど下手すぎてモモに可哀想な思いを
させたことがあるんですよぉ!

猫ちゃんのイベント(*´Д`*)
本当の猫好きには嫌な空間ですね。
その猫ちゃんが自分の子供でも同じ事か出来るのだろうか。
モラルのない人間ですね。

素晴らしい!!
この技術は本物ですな。
やはり基礎技術がしっかりしていないとこういう代物は作成困難です。
はっきり言って畏敬の念を抱きます。
一緒に暮らしているニャン達のを考えるとここまでやるのが親心ってもんです。
天晴れなり。
ところでファクトリーのイベント。
私も生き物に接する客の姿勢には疑問を感じています。
主催者も商売ですから仕方がないのでしょうが、もうちょっと考慮を求めたいものです。

手先が本当に器用ですね。
見事な技術です!

猫と遊べるコーナーは本当の猫好きの人は猫のことを思うと入れませんよね。
私も入れませんでした。
うちのウランに似た猫が代わる代わる抱っこされて、うんざりという顔をしていました。

こんにちは~^^
凄いなぁshippoさん手作りカプセルなんて
やっぱ手先が器用でなきゃ無理かな^^;
動物のイベントは不快に感じるかもしれないけど
そう言う人達は知らない、知ろうとしない人なんだと思う
猫を飼って見て身近で暮らしてるから分かる事で
カメラのフラッシュは私も最初は知らなかったし^^;
知らないって事は恐ろしいね
でもその人達は猫は好きなんだね、だって見に行くんだもん
こう言う人達が知ってくれたら世の中変わって行くと思うんだけど
どうしたらいいんだろうね~

1枚目の写真、ほんとなんかいかがわしいことを
してるような写真ですね(笑)
でも、薬をつめていたとは!
さすがshippoさん( ; ゚Д゚)
それにしても薬の調合量はちょっと
誤差ありすぎますよね・・・

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アスカ さん:
もう何が何でも飲んでもらわないと!って、必死ですよ(笑)
フラッシュ、実は私も自分の猫たちにけっこう使っていたんです。それがあるとき何かの加減で自分に当ててしまったの。そのときの目のくらみようったらなくって、あぁ、こんな眩しい思いをさせていたんだ・・・って、ものすごく落ち込んで反省しました。それからはずっと使っていません(あ、だから写真変なの・・って思った?)

くまの実:
おっぉ!そういう手があるのですね。今度直に伝授願います(笑)
鼻の頭には何回かに分けて塗るのですか?友人に言ったら「それはいいかもね」と感心していました
まずティアで試してみます(ルナは怖くて最初にはできません)

mikankunの乳母さん:
甘いシロップとは砂糖で作るのですか?
注射器のようなものはウチにもあります。そっかぁ、勉強になるなぁ。。。mikan君は素直にゴクゴク飲んでくれそうなイメージがありますがどうなのかしら?あの哲学者のようなお顔でゴクゴクっと。。。

shuchanmamaさん:
あぁ、ミーケちゃんはやっぱり見た感じのまんまですね、素直で手がかからなそう。それもマルちゃんのしつけがいいからなのかもね。
ペットランドはいくつかのショップが店子として入っているようです。でもまだネームバリューもあるのである程度はちゃんとしていると思うのですが、今回のイベントに関してはちょっとお粗末でしたね。
今は札幌でもかなりひどいところの情報が入ってきています。街中にあるところは複数の人から同じ「ひどすぎる」という情報をいただいています。私は怖くて行けません

のんにゃんさん:
わぁ。。。体重は健康のバロメータ、基本ですよね。それは替えて正解!私も病院はかなり行きましたがなかなかココってところはないですよね。今回はいつもは行かないウチのすぐ近くの病院、とっても有名な病院です。なぜいつもは行かないかというと、ウチはビンボーだから(笑)

まちゃももさん:
ちなみにいつも行っている病院の助手の先生(一応資格はもっている)は、猫に薬をあげられません。びびって・・・(笑)
ももちゃん、何のお薬飲んだのかな?もうなるべく飲ませたくないですよね~。。。。ウン

侍従長さん:
そう、何事も基礎が大事です。って・・(笑)
これと同じことをツレ雄くんにもできるかと言われれば。。。?です(許せ)
猫のイベントですが、主催者がどっかの異業種の会社ならまだしも、本業ですからね・・・どーかその辺のところをキッチリとして欲しいものですね

「猫だらけ」の家主さん:
わ、ご訪問ありがとうございます!
そうです、そうです「うんざり」って顔していました。そういう猫ちゃんのところを通るとき「ごめんね~」って心で人間代表として(笑)謝っていました。
試供品のコーナー、あまりに家主さんがおっしゃっていた通りで笑っちゃいました。

ぽん母さん:
はい、ぽん母さんのおっしゃっている通りだと私も思いました。「知らない」側にいる人なんですよね。だからこそ今回のイベントに限って言えば、場内アナウンスや係の人が注意してくれれば、それを「知る」機会があったのだと思うのです。

omuさん:
うふふ・・・いかがわしいでしょう?映像は残せませんでしたが、ここにティアが寄ってきてクンクンして鼻で吸うの。そしてむせるの。かなりヤバイ図でした(笑)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。