猫とワタシ

sapporoスコティーナ

動物苦手の私が何故かスコティッシュォフォールドにひとめぼれ。ドジでヘンテコな私が「おいしいもの」「たのしいこと」「ふしぎなこと」をスコティーナ達との暮らしとともにご紹介します

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する3猫それぞれ

スコティーナ

ティア お決まりの箱入り・・・気のせいかおすまし?

それにしてもその豊かな胸,箱の縁に乗っかってないですか?

ティア 箱入り

 

仲良しモネと。。。この数秒後には取っ組み合いがはじまるのだけど(苦笑)

ティア 箱入り2

 

それを見つめるルナ   「あんたたち、まるで猫みたいね」

ルナ 見つめる
ルナぽん、あんたもだよ



遊びにきてくれてありがとう
ランキング参加中   ぽちっとしてね
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

 

やっとの懺悔・・ようやく告白します  1-1ティア 
かなり長いです。 よろしかったら READ MORE からどうぞ

まだ幼さが残るこの写真を見て今のティアではないことはおわかりだと思います

そして、この手術の跡の大きさから避妊手術ではなかったことも伺えるでしょう・・

実はティアは一度死にかけたのです。それも飼い主である私たちの不注意で!



いつもの変わらない様子でいたティアが急に「ゲボゲホッ」としました。今でもそうですが

ルナもティアも毛玉を吐きません。それでびっくりして「どうしたの!?」というと場所を変え

また「ゲ・・ゲボッ」でもなにも出ていない。次に私たちを避けるように玄関のほうに走って

行きました。後を追ってその口開けると数センチの糸のようなものが!手を入れてそれを

取ろうとしたら出てきません。

生き物初飼いの私は本だけは沢山見て学習していたので瞬時に「あ!もう腸までいってる。

無理に引っ張ってはいけない」と判断し、すぐに病院へ!

7時10分、病院着。すぐにいろいろ試みてくれたもののダメで先生が「緊急オペにはいります。

万全を尽くしますが万が一のことがあるかもしれません。よろしいですね」と・・・

待合室で手術の一部始終はモニターで見ることができました(涙でほとんど歪んでたけど)

腸に絡まっているため一カ所を切ってそこから「スー」と抜けるわけではなく、切っては

引き出せる分だけ取り、また先を手探りで糸のあるところを見つけ切る、取る、の繰り返し。。

結局腸の5カ所くらいを切りました。術後先生から「糸の位置状況から飲み込んだのは今日、

昨日はなく4,5日は経っているでしょう」

「もうちょとでも遅かったら手遅れでした」と言われたのです。

異物誤飲、特に糸には十分気をつけていたはずなのですが、こういうことになってしまい

情けなく、申し訳なく、ただただ泣くしかできませんでした。あれからもうそろそろ2年が経とうと

していますが、今でもティアには申し訳なく「ごめんね」と心の中で連発です。

因みにその糸というのは衣料品の上げの部分に使用するようなものすごく細い糸でした

ごめんね、ティア。許してくれなくていいからね

いつも運が悪い私ですがこんな状況ではありましたが一つだけラッキーなことがありました

そのおかげでティアは命をつなぐことができたのだと思います。詳しくはこの次!

コメントの投稿

secret

管理人のみ閲覧できます管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そんなことがあったんですか…にゃんこと暮らしてたら
大なり小なりヒヤッとや懺悔がありますよね…
私だってありますとも。

うわぁ~…
読んでてドキドキちゃいました…
でも、気づくことができて本当に良かったです
そして緊急手術できる病院で本当に良かった
昔からニャンコと生活してる人間でも、後悔はたくさんあります
私は物ごころついた時からニャンコと生活してますが
今だって分からないことや後悔することもイッパイです
桃太郎のことなんか特にそうです…
でも、命をつなぐことができた事があったんですね
次回の更新待ってます♪

ティアちゃん、元々箱に入っていたかのような
良いおさまり具合ですね♪(^▽^)

ティアちゃん、今元気でいてくれて本当に何よりです。
にゃんこと言葉が通じればいいのに、と何度も思ったことがあります。
なんにしても人間が気を付けていないとダメなんですよね…
そうは思っても実際難しい事も多いのですが。。

ティアちゃんには、そんな過去があったんですね。
この話を見て、正直ゾクッとしました。
それは、決して人事ではないと思えたからです。
猫は、本当に何でも食べる事ありますし、
留守の際に食べてる事もありえますしね。
テイアちゃんにとって、shippoさんは命の恩人って
思っていますよ。

はぁ、ティア様にそのような壮絶な過去がありましたとは。
まぁ、いまが元気で健康であればオケ!!
でもね、いくら気をつけてても気づかないときはありますって。
あまりご自分を責めませぬよう。

こんばんは
人間には人には言いたくない、言えない懺悔話が
何個となくあると思います
ティアちゃんのネコ生はティアちゃんが決めて
生まれて来たんだもの
その時は向こうの世界に帰る時ではなかったのよ
まだまだshippoさんご家族とこれからを過ごして
行くのね、これからより一層の幸せの為に

のんにゃんさん:
あれだけヒヤッとしたはずなのに、まだたまぁ~にだけど「!!」ってな物が床に落ちていることがあります(反省)

みこ姐さん:
猫とのおつきあいの長いみこ姐さんでもそうですか。。。そうですよね、予想がつくものだけでないですし、その時自分がどう動けるかにもよりますしね。桃太郎君を見ていていつも思うことがあるんです、とっても幸せそうだなって。確かにとても体が辛かったりすることもあっただろうけど、う・・・ん、うまくいえないけど「僕シアワセ」っていうのをとっても感じるんですよ!私もみこ姐さんファミリー目指してがんばります

アスカさん:
箱から生まれた箱タロウって分けないけど、3にゃんの中でも一番箱が似合おうかも(笑)
本当に難しいですね。気をつけている!って思ってもまたお口パクパlクして「?」って見たら輪ゴム加えていたり、卵のケースのひもだったり。。。今捨てようと思たのにー!猫に待ったナシです(注意)

shuchanmama さん:
あー。。。そんなやさしい見方をしてくれて、ありがとうございます(涙)でも本当にティアにはいつも「許してくれなくてもいいからね」って言っているんです。それでもそばに私を置いていてくれるだけで・・・

侍従長殿:
ありがとうございます。3にゃんの中でも変なものをすぐ口にしたがるのは、ティアが一番、次にモネ、ルナは覇気がないぶん興味もあまりないのか、3番。。。。というより、変な物かたづけておきなさいってことですよね、ハイっ!!

ぽん母さん:
ありがとうございます。巡りあった奇跡を大切にできるよう、これからもっと気をつけてもっとHAGHAGして(いやがられるけど)幸せ日を更新していきます!

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。