猫とワタシ

sapporoスコティーナ

動物苦手の私が何故かスコティッシュォフォールドにひとめぼれ。ドジでヘンテコな私が「おいしいもの」「たのしいこと」「ふしぎなこと」をスコティーナ達との暮らしとともにご紹介します

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するルナっぱ??

ルナ

ルナちゃんー 眠たそうね

ルナっぱげ1
 






あ、起こしちゃった?  今日もかわいいねー

ルナっぱげ3 





え????
なんかお目目の上 変じゃない?
ルナっぱげ2 

ル・・ル・・ルナー!!!
禿げてるよーー





ルナ:うるさいなー 

ルナっぱげ4 



やっぱり 毛・・・・が・・
018.jpg  



まさかの ルナっぱげ

ルナは我が家で一番 繊細
気持ちがすぐに体に影響する

猫嫌いのルナが最近唯一寛げた私の部屋の
ベッドの横

お姉ちゃんが好きすぎて真似をしたいのか
はたまた 嫌がらせなのか
ティアが最近 先手を打って陣取っている
だからルナはもう部屋に入って来れない・・・・・

ある程度はやっぱり猫同士で解決するべきだと思い
様子を見ていた

う・・・ん どうしよう・・・




あっという間に11月が去っていこうとしている
あーーあ、あーーあ、どうしよ~
 ポチ よろしく! ぽちっとしてね  
もう一つ ポチっとしてね → にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ 

コメントの投稿

secret

うむむむー。。。。むずかしい問題ですよねぇ。
ウチでは長女のスーちゃん、年長なのに鈍くさくて
狩りごっこの標的にされて、はなちゃんや茶々に
度突かれたりされてるのをみるとガマンできずに介入
しちゃいますねぇー
でも、この場合、ティアちゃんに非は無さそうですしねぇ。。

前回のコメ返、shippoさんたら、さらりと
ヘビーな生命の危機を語ってますけど
読んだ私が意識が遠のきそうでした…

ふっ。
ルナ様。
結構辛抱してますね。
辛抱のし過ぎはいかんよ。
ここは一発、どどぉ~んと存在感を主張しなきゃね。
うぉ~。
あと1週間で師走ですね。
師走かぁ...。
どんより...。

はげ・・・てるかなあ?
そっかストレスで・・・。
陣取りの問題は多頭飼いだと生まれてしまうものですもんねえ。
難しいだろうなあ。
猫同士でなんとかしてくれたほうがイイですものねえ。

おはようございますー
んーと・・・なんてコメントしようかなぁと思ったんだけど
ルナたんの場所の近くに
「ルナたんからは見えないけど、ティアちゃんからはルナたんから見えるような場所」に
一個猫ベットを置くとかしてみたらどーでしょ?
やっぱりはげちゃうほどのストレスあるんだったら
人間が介入した方がいいと私は思うなぁ・・・
ティアちゃんも満足できて、ルナたんも居場所を確保できるような状態を作れたら解決なんだろうね・・・

のんにゃんさん:
そっか、やっぱり上手に介入しようかな。
造影剤マジ怖いです。友人にその話をしたら
実際亡くなった方もいるそうです。


侍従長殿:
ルナは基本は臆病なくせに、プライドだけは
高いんだと思うのですよ
と、ここまで書いてふと思ったことが
プライドはほとんどなく根拠なく怖気づくという
ことがない私と間逆だわー

sallyさん:
一番うれしいのは、ルナがティアの存在を
自然に受け止めてくれること
でも最近はティアの中に「へーんっ、ルナちゃんの
居場所はティアのものー」的なものを感じてる私。。。
猫団子見てみたいけど永遠に無理

くりすさん:
実はルナは個室で私が構ってあげてゴロゴロ言って
いるときでも、ドアの外にティアが来るだけで
ピタッと止まってしまい、警戒モードに入るのです。
気配でもうダメなんですよね・・・
でも少し上手な介入を考えてみます。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。